常時SSLでウェブサイトを運営しよう

タウン360°は、常時SSLウェブサイトに対応しています。
常時SSLのメリットをご紹介します。

SSLとは

SSLとは、インターネット回線を通る情報を暗号化する仕組みです。
例えばインターネットショップで買い物をしたとき、メールアドレスや住所、クレジット情報などが盗み見られたら大変です。そこで情報の暗号化を行い、解読できない状態にします。こうして大事な情報を守ることが必要で、それがSSLによって実現されています。

従来は、決済ページとか問い合わせページといった個人情報をやりとりするページのみSSL対応することで十分と考えられていましたが、Googleが2014年にウェブサイト全体をSSL化することを推奨しました。個人情報をやりとりするページ以外でも、実は裏で受け渡しているデータ等があり、こういったデータも守ることが目的です。

常時SSL対応のメリット

常時SSL対応することで、ウェブサイト全体が保護できることはメリットですが、それ以外にもメリットがあります。

まずGoogleが検索結果の順位に、常時SSLに対応しているかどうかを評価すると発表しました。
より安全に配慮したウェブサイトが評価されるということですね。

次に、Chromeブラウザで、SSL対応していないウェブサイトは「このサイトへの接続は保護されていません」と表示されます。
こういった表示を目にしたユーザには、少なからずネガティブな印象を与える可能性があります。
またこれはChromeだけでなく、将来的に他のブラウザも採用する可能性があります。

また、ウェブサイトがSSL化されていない場合、SSL対応しているGoogle検索からのリファラが送られません。
つまり、Googleアナリティクスで、訪問ユーザの動向をチェックしている場合に、正確な情報がアナリティクスに反映されないことを意味します。アナリティクスを活用する場合には、必須といえるでしょう。

タウン360°で運用するウェブサイトは、常時SSLに対応することができますので、常時SSL対応ウェブサイトをご検討の方は、ぜひご連絡ください。

タウン360°について

タウン360°は、株式会社ユニテディアが提供する不動産ホームページ作成クラウドサービスです。
株式会社ユニテディアは、不動産ポータルサイト「賃貸360°」の運営をはじめ、人々の生活とインターネット、プロの視点をつなぐメディアとして、創意工夫と新しいチャレンジを続けていきます。