広角レンズを使おう

左の画像、中央に黒い部分があります。
この黒い部分は、通常のiPhoneで撮影した画像。そしてその周りは、広角レンズを使用して同じ位置から撮影した画像です。

物件の画像を撮影する時、どのように撮影をしていますか?

最近は、スマートフォンの画素もかなり向上し、高価なカメラではなくても、スマートフォンだけで撮影されている方も多いと思います。実際、スマートフォンでも、明るさや構図に気を配ることで十分な画像は撮影できます。
しかしながら、もう一歩、画像を魅力的にするために、少しだけアイテムを使ってみましょう。

それが「広角レンズ」です。

先程見ていただいた画像をもう一度別々に見てみましょう。
最初は普通のiPhoneで撮影した画像です。

そして次が広角レンズを付けた画像です。

いかがでしょうか。自転車の横にある人形まで写っています。

次は狭いトイレを撮影してみます。iPhoneで撮影した画像が次の画像です。

そして広角レンズをつけて撮影した画像が次になります。

いかがでしょうか。ドア全体まで写り、奥行きを感じる画像になったではないでしょうか。
同じ位置からの撮影ですが、かなり写る範囲に差があります。

このように、広角レンズを使うだけで、視野を大きく撮影し、広い部屋の印象をあたえることが可能です。

今回使用したのは、Amazonで購入した0.6倍の広角レンズで、左の写真のようにiPhoneのカメラ部分にかませるだけです。
0.4倍、0.45倍等いろいろと売られていますが、数値が大きいほどより広角に撮影できます。

これらのアタッチメントは、たったの2,000円ていどで購入が可能です。少しのコストで、写真の雰囲気を変えることができますので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

Amazonで購入できます

タウン360°について

タウン360°は、株式会社ユニテディアが提供する不動産ホームページ作成クラウドサービスです。
株式会社ユニテディアは、不動産ポータルサイト「賃貸360°」の運営をはじめ、人々の生活とインターネット、プロの視点をつなぐメディアとして、創意工夫と新しいチャレンジを続けていきます。