別テーマのサイトを複数運営しましょう

以前の記事で、サイトのテーマやエリアを限定してみるという内容を紹介しました。
複数エリアや多様な顧客のニーズを1つにまとめたウェブサイトは、それぞれ違う目的をもったお客様に「自分の求めるものとは違う」もしくは「いらない情報がたくさんあって探しにくい」という印象を与えてしまう場合があります。そのため、テーマやエリアを限定したサイトを造りましょうという提案をさしあげています。

しかしながら各不動産会社さまは当然ながら、1つのテーマにそった物件ばかりを扱っているわけではありません。
そこで、タウン360°では複数のウェブサイト運営をおすすめしています。

例えばエリア分けでしたら「渋谷専門不動産サイト」と「恵比寿専門不動産サイト」、という具合です。また同じエリアでも、「渋谷ファミリー向け不動産サイト」と「渋谷ペット可不動産サイト」、という具合に、分けることができます。
他にも「城南のデザイナーズ賃貸サイト」「東京大学駒場キャンパスに通いやすい賃貸サイト」「汐留で働く人向け賃貸サイト」「ユニーク間取り賃貸サイト」など、いろいろな切り口が考えられます。御社なら、どんな切り口が浮かびますか?

もちろん切り口を絞れば絞るほど、対象の母数は減ります。しかしながら、このようにわけることで、お部屋を探しているお客様にそれぞれに、「自分に合った」不動産会社だ、自分の希望に対して専門だ、と感じてもらい、ひいては信頼感や安心感を持ってお問合せしていただきやすくしますので、お問合せに対する成約の角度は高いと考えています。

こうした複数ウェブサイトを展開できるのは、タウン360°のコスト感ならではであり、また物件入力の手間を減らすサービスもあります。実際にタウン360°で複数サイトを展開している会社さまもありますので、ぜひご相談ください。

タウン360°について

タウン360°は、株式会社ユニテディアが提供する不動産ホームページ作成クラウドサービスです。
株式会社ユニテディアは、不動産ポータルサイト「賃貸360°」の運営をはじめ、人々の生活とインターネット、プロの視点をつなぐメディアとして、創意工夫と新しいチャレンジを続けていきます。